電子消費者契約法
このページでは電子消費者契約法について簡単に解説しています

電子消費者契約法とは、電子商取引などにおける消費者の操作ミスの救済、契約の成立時期の転換などを定めたもの

「無料」画面だと思ってクリックしたら「有料」で代金を請求されてしまったというケースや、1つ注文したつもりが複数注文したことになっ ていて、同じものがいくつも送られてきたという問題が発生した場合、店舗がそれらを防止するための適切な措置をとっていないと 消費者からの申込みが無効となる



署長の一言
「簡単に言えばワンクリック詐欺などを防止する契約法。例えば、消費者が無料サービスと思って 登録したら、いきなり有料で代金を請求された場合などに用いられる。最近は減ったがワンクリック詐欺は 悪質出会い系で遭遇する事もあるので注意すること」
進む→
トップへ←

©出会い系サイト詐欺情報局捜査二課