特定電子メール法
このページでは特定電子メール法について簡単に解説しています

特定電子メール法とは迷惑メールを規制するために作られた法律である

以前の広告・宣伝メールは件名に「未承諾広告※」と入れた上で、送信停止を求められた時点で送信を取りやめればよかったが、2008年にオプトイン方式に よる規制の導入に改正され、事前の送信同意が必須になったことにより迷惑メールが大幅に減るとされている



署長の一言
「企業に対する罰則も強化され、迷惑メール対策に威力を発揮しそうな法律の改正だが、 規制のかからない海外からの迷惑メールには効力が発揮できない上、 無数にあるネット上の迷惑メールにどれほどの効果があるのかは、いまだ未知数である
進む→
トップへ←

©出会い系サイト詐欺情報局捜査二課